イベント

奈良エリア | 奈良市 | [寺]唐招提寺
URL facebook Twitter google+

修正会 餅談義 (唐招提寺) しゅしょうえ もちだんぎ

修正会は、奈良時代にはじまったといわれ、新年を迎えるにあたって前の年の行いを振り返って、悔い改めるとともに世の中の平安・五穀豊穣を祈願するものです。唐招提寺では、12月31日夕刻に礼堂へ集まり、羅漢聖者を勧請して始まります。元日は、除夜の鐘と共に0時過ぎから礼堂南側の広縁に僧侶が集まり、伽陀(声明の一種)を唱え、その後堂内にて密教形式の修正護摩供を行います。仏舎利の前に壇を作り、三方を白布の壁代で囲んだ中、蓮華形の護摩炉に鉄粉やアセビの葉を供する独特な形式の護摩で、大衆は終わるまで光明真言を唱えて導師とともに舎利壇に安置された万年香水を加持します。3日の夜には、その香水と牛玉宝印が参拝者に授与され、護摩作法の後に鏡餅をお供えした人の名を読みます。(拝観志納)

開催情報

開催名 修正会 餅談義
開催期間 2018年1月3日(水)
(18:00~)
開催場所 唐招提寺 礼堂
お問合わせ先 0742-33-7900 (唐招提寺)
12月31日 23:30~ 除夜の鐘
1月 1日 00:00~ 修正会護摩供
1月 3日 18:00~ 修正会護摩供餅談義