モデルコース

山の辺・飛鳥・橿原・宇陀エリア
URL facebook Twitter google+

サイクリングコース
万葉乙女気分で万葉歌碑めぐり(2-1)

  • 橘寺

明日香の風に吹かれながら、万葉集の魅力満喫。古代食をいただき、万葉人体験も

万葉集は多くの詩歌を集めたなどの意味(諸説あり)を持つ、現存する日本最古の歌集で20巻よりなり、長歌・短歌・旋頭歌(せどうか)など合わせて約4500首に及ぶ。そのうち大和(奈良)の地名は約900で、それぞれの地にふさわしい万葉歌碑があり、明日香にも数多くの万葉歌碑が存在する。豊かな人間性にもとづき、感動を率直に表す調子の高い歌が多く、その躍動感は古代びとの心を蘇らせてくれる。