■2011(平成23年版)「名佛禮賛」
写真:飛鳥園 ※画像を無断で複写・転用することを堅く禁じます。著作物は著作権法により保護されています。

表紙
表紙
弥勒如来坐像<国宝>運慶作 興福寺

都は去り、「南都」と呼ばれるようになった奈良。平安・鎌倉時代は度重なる苦難にさらされました。しかし、そのなかで、人々のみ仏への想いはさらに強くなっていったのです。
2011年のカレンダーは、その平安・鎌倉期に目を向けました。名仏に、「深まりゆくいのり」の心を見い出していきましょう。

撮影・監修 小川光三
サイズB4変形(縦364mm×横267mm)

宅配ご購入方法へ

バックナンバーについてのご質問はこちら



3・4月
多聞天立像
<重文>
長岳寺
5・6月
金剛力士立像
阿形像<国宝>
興福寺
7・8月
梵天立像<重文>
法隆寺
9・10月
十一面観音菩薩立像<重文>
長弓寺
11・12月
阿弥陀如来立像
<重文>
快慶作
東大寺


1・2月
孔雀明王坐像<重文>正暦寺


バックナンバー一覧へ戻る