イベント

奈良エリア | 奈良市 | [寺]興福寺
URL facebook Twitter google+

再会 《梵天・帝釈天》 (興福寺) さいかい 《ぼんてん・たいしゃくてん》

再会 《梵天・帝釈天》

 藤原氏が発願した山階寺を起源とする古刹・興福寺の歴史は、度重なる裡歳からの復興の軌跡でもありました。しかし、京保2年(1717)の大火以降、復興造営は途絶え、続く明治維新の神仏分離・廃仏毀釈により、少なからず寺宝が流出しました。
 そのうち、東京・根津美術館に所蔵される帝釈天像は、興福寺に残った梵天立像と共に13世紀初めに康慶門下の仏師・定慶により造立されたことが分かっています。この度、離れ離れになった梵天と帝釈天が再開する特別展を行うことになりました。

開催情報

開催名 再会 《梵天・帝釈天》
開催期間 2018年10月1日(月) ~ 2018年11月15日(木)
(9:00~17:00(入館は16:45まで))
開催場所 興福寺 国宝館
お問合わせ先 0742-22-7755 (興福寺)
《拝観料金》
国宝館 単独券

大人・大学生…700円
高校生・中学生…600円
小学生…300円

国宝館 単独券:団体割引(30名以上)
大人・大学生…600円
高校生・中学生…500円
小学生…200円

近くの宿泊施設