イベント

奈良エリア | 奈良市 | [寺 ]薬師寺
URL facebook Twitter google+

細川護熙筆 慈恩殿障壁画「東と西の融合」特別公開 (薬師寺) ほそかわもりひろひつ じおんでんしょうへきが「ひがしとにしのゆうごう」とくべつこうかい

 薬師寺国宝東塔大修理落慶を記念し、元内閣総理大臣の細川護熙氏によって薬師寺慈恩殿に「東と西の融合」と題した、場面数66面(113枚)、合計総長157.72mの大障壁画が奉納され、公開されます。

開催情報

開催名 細川護熙筆 慈恩殿障壁画「東と西の融合」特別公開
開催期間 2021年9月17日(金) ~ 2021年9月26日(日)
開催場所 薬師寺 慈恩殿
料金 特別共通割引券にて拝観可能 大人:1,600円 中高生:1,200円 小学生:300円(※大人同伴)

 細川護熙筆「東と西の融合」
細川護熙(第79代内閣総理大臣)筆「東と西の融合」は、お釈迦様が悟りを開かれたシンボルとして菩提樹を中心に左右に衆人賛美図・衆人奏楽図を、また法相宗開祖・慈恩大師や十大諭師、二十九躰の飛天などが描かれた立体曼荼羅とも表現される障壁画です。

近くの宿泊施設