観光

奈良エリア | 奈良市
URL facebook Twitter google+

森・林・樹
月ヶ瀬梅溪 つきがせばいけい

関西屈指の梅林として有名。2月中旬から3月の間、名張川(五月川)が高山ダムにせき止められてつくる月ヶ瀬の湖岸から山腹にかけて赤や白、約1万本の梅の花が咲き、あたりは甘酸っぱい香りで満たされる。これらの梅はおよそ750年前の鎌倉時代中期に、真福寺の境内に梅が植えられたのが始まりという。江戸時代には文人墨客も相次いで訪れ、芭蕉も感嘆して句を詠んでいる。現在ではシーズンを通して20万人の観光客を集め、写真コンテストや俳句の大会などさまざまなイベントが行われる。また4月上旬には約3000本の桜が咲き、本格的な春の訪れを告げる。

「月ヶ瀬梅溪」の詳しい行き方はこちら

この施設に関するお問い合わせは
0743-92-0300
(月ヶ瀬観光協会)まで