もっと奈良を楽しむ

お楽しみ満載!奈良の温泉めぐり

 古くから秘湯として知られる十津川温泉をはじめ、奈良県下には効能が優れた温泉地がいくつもある。
 そうした数ある温泉から、今回はこの季節だけの特別なイベントとセットで楽しめる温泉をピックアップ。
 必ず行きたくなる見逃せない情報をご覧あれ。

奈良県の温泉一覧

取材・文:宮家美樹
本文中の情報は平成28年12月30日時点のものです

厳冬に輝く冬の華&ほっこり美肌の湯

みつえ温泉「姫石の湯」

 三重県との県境に位置する御杖(みつえ)村は、奈良と伊勢を結ぶ最短ルートながら険しい山道で知られた伊勢本街道の旧宿場町。かつてこの道を倭姫命(ヤマトヒメノミコト)が通り、伊勢の神宮に天照大神(アマテラスオオミカミ)を祀ったという。
 今なお神秘的な一帯には倭姫命の伝承が点在しており、そのひとつ、倭姫命が女性病の全快を祈願したといわれる「姫石明神」の近くにみつえ温泉「姫石(ひめし)の湯」がある。
 体の芯からぽかぽか温まる優しい泉質の湯は「美肌の湯」と呼ばれ大評判。露天風呂をはじめ、男女入替制のつぼ風呂や樽風呂などの多彩な湯船で温泉がたっぷり楽しめる。室生赤目青山国定公園のただ中に位置するというおいしい空気も自慢。道の駅に併設の便利さも人気の秘密だ。

みつえ温泉「姫石の湯」

写真:みつえ温泉「姫石の湯」

みつえ温泉「姫石の湯」

泉質 単純温泉(中性)
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、うちみ、慢性消化器病など
施設 大浴場2、露天風呂、岩風呂、木風呂、気泡風呂、打たせ湯、座湯、サウナ、貸切介護風呂(要予約)など/無料休憩室、食事処など
「姫石の湯」の詳しい行き方はこちら
ダンゼン この季節がオススメ の理由!

三峰山の霧氷

キャプション

 透明な氷の結晶が花のように咲き乱れる現象・霧氷。大気中の水分が樹枝などに付着し凍結したものだが、冬の青空の下、キラキラと降り注ぐように輝く様は自然の芸術と呼ぶにふさわしい。
 標高1,235メートルの三峰山(みうねやま)は関西で霧氷が観賞できる数少ないスポット。厳冬期の1?2月にかけて見事な氷のトンネルが現れる。山頂はもちろん、高原状に開けた八丁平からの山並みの眺めも最高だ。
 また、1月7日(土)?2月26日(日)の土・日・祝日は、三峰山麓にあるみつえ青少年旅行村で「三峰山霧氷まつり」を開催。冬山登山の疲れを温泉で癒やしたら、ぜひ立ち寄りたい。

※三峰山登山は往復約10キロメートル、約4時間の行程。山頂は多いときで約1メートルの積雪あり。登山にはアイゼン等冬山登山装備は必須。詳細を必ず確認の上、お出かけください。

「三峰山霧氷まつり」の詳しい情報はこちら
開催期間 1月7日(土)~2月26日(日) (期間中の土・日・祝日に開催)
開催場所 みつえ青少年旅行村
お問合わせ先 0745-95-2070 (御杖村観光協会)

ススキ野を焦がす炎の舞&美人伝説の湯

曽爾高原温泉「お亀の湯」

 見渡す限りのススキの大海原。右に左にと、さざ波のようにススキが風に揺らめく曽爾(そに)高原の雄大な眺めは心に強く焼き付く美しさだ。
 この景観をひと目見ようと秋には多くの観光客が詰めかける。遊歩道が整備されており、ハイキングコースは約2時間35分の初級から登山を主体とした健脚向けまでバラエティ豊か。初心者でも自分のペースで気軽に親しめる。
 高原の麓にある曽爾高原温泉「お亀の湯」はそうしたハイカーたちに大人気。名の由来は美人の女房・お亀の伝説が残るお亀池なのだとか。
 重曹成分をたっぷり含んだ湯は肌にまとわりつくような感触で、湯上がりしっとりの“美人の湯”。男女週替制の「石の浴室」と「木の浴室」の2種類があり、前者の露天風呂からは曽爾高原の大パノラマが、後者の露天風呂からは兜岳・鎧岳が一望できる。それぞれに源泉掛け流しの源泉風呂が完備されているのもうれしい。

曽爾高原温泉「お亀の湯」

曽爾高原温泉「お亀の湯」

曽爾高原温泉「お亀の湯」

泉質 ナトリウム-炭酸水素塩温泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、うちみ、慢性消化器病など
施設 大浴場、露天風呂、源泉浴槽、サウナ各2/郷土料理コーナー、無料休憩室など
「お亀の湯」詳しい行き方はこちら
ダンゼン この季節がオススメ の理由!

曽爾高原の山焼き

曽爾高原の山焼き

写真:曽爾高原の山焼き

 地元の人々らの保護活動によって維持されている約40ヘクタールのススキの草原。山焼きはその活動の一環として、毎年3月初旬に行われている。
 ススキは燃えやすく、火が付けられると斜面を舐めるように広がる。ときに炎が上昇気流で高く舞い上がるさまは、思わず息を飲む迫力だ。斜面を駆け回る火消し役たちの奮闘ぶりも見応えがある。
 今年は3月4日(土)に催行(雨天順延あり)。黒く焼けた野原は草原とはひと味違う新鮮な眺め。何よりススキが生い茂っていた時よりも広く見えるから不思議だ。絶景の露天風呂から“ひと皮むけた”高原の姿をゆったり眺めたい。

「曽爾高原の山焼き」の詳しい情報はこちら
開催期間 平成29年3月4日(土)(10:00~15:00)
※当日、雨天中止の場合は3月5日(日)に順延
開催場所 曽爾高原
お問合わせ先 0745-94-2106 (曽爾村観光協会)

のれん探索&“源泉かけ流し宣言”の湯

十津川温泉

 奈良県の最南端に位置する十津川村は日本一大きな村。十津川温泉郷と総称される十津川温泉、温泉地(とうせんじ)温泉、上湯温泉があり、県内随一の温泉地としても知られる。
 もっとも賑わうのが、元禄年間に炭焼き人夫が発見したといわれる下湯を源泉とする十津川温泉。旅館だけでなく公衆浴場や無料の足湯や手湯、飲泉湯などもあり、湯巡りが楽しめる。
 湯冷めしにくく、“美人の湯”といわれる肌にうるおう滑らかな湯が特徴で、世界遺産・熊野参詣道「小辺路(こへち)」を踏破するハイカーたちの憩いのスポットとしても人気だ。
 十津川温泉郷はなんと郷内25ヵ所の温泉施設すべてが源泉かけ流し。2004年6月、全国初の“源泉かけ流し宣言”を行ったことでも有名となった。

十津川温泉 庵(いおり)の湯

写真:十津川温泉 庵(いおり)の湯

十津川温泉

十津川温泉/泉質 ナトリウム炭酸水素塩泉
効能 きりきず、やけど、リウマチ性疾患など
施設 十津川温泉 庵(いおり)の湯
「十津川温泉」をもっと見る
ダンゼン この季節がオススメ の理由!

十津川温泉のれんラリー

キャプション

 十津川温泉街をそぞろ歩くと目に入る色鮮やかな「大のれん」。屋号や商標がデザインされた個性豊かなこののれん、眺めるだけでも十分に楽しいが、スマホやデジカメで撮影すればちょっぴりうれしい特典が付く。
 題して「十津川温泉のれんラリー」。10店舗分の大のれんの“写メ”画像を集めるだけで地元・十津川の木工品や染物、手芸品などの手作りお土産がもれなく手に入る。十津川温泉のペア宿泊券が当たる豪華な景品の抽選もあり。
 開催は3月31日(金)まで。公衆浴場3箇所が巡れる「3湯めぐりストラップ(1000円)」を利用して、源泉かけ流し温泉を存分に堪能しながら、のんびりとラリーにチャレンジしてみては。

「十津川温泉のれんラリー」の詳しい情報はこちら
開催期間 2016年10月1日 ~ 2017年3月31日 (2016年10月スタート!)
開催場所 十津川村温泉街周辺
お問合わせ先 090-7106-4412 (十津川温泉活性化協議会事務局 中川 ※イベント期間中)
奈良県の温泉一覧
(2016年12月30日調査)

吉野路エリア

吉野山温泉(吉野町) 湯元宝の家 0746-32-5121 日帰可・宿泊可
吉野温泉(吉野町) 吉野温泉元湯 0746-32-3061 日帰可・宿泊可
宮滝温泉(吉野町) まつや 0746-32-8015 日帰可・宿泊可
津風呂湖温泉(吉野町) 津風呂湖温泉 0746-32-5401 日帰りのみ
やはた温泉(東吉野村) やはた温泉 0746-43-0333 日帰りのみ
たかすみ温泉(東吉野村) たかすみの里 0746-44-0777 日帰りのみ
下市温泉(下市町) 秋津荘明水館 0747-52-2619 日帰りのみ
洞川温泉(天川村) 村営洞川温泉センター 0747-64-0800 日帰りのみ
天の川温泉(天川村) 天の川温泉 0747-63-0333 日帰りのみ
洞川温泉(天川村) 宿 花屋徳兵衛 0747-64-0878 宿泊可
湯盛温泉(川上村) ホテル杉の湯 0746-52-0006 日帰可・宿泊可
入之波温泉(川上村) 山鳩湯 0746-54-0262 日帰可・宿泊可
上北山温泉(上北山村) 薬師湯 07468-3-0308 日帰りのみ
小処温泉(上北山村) 小処温泉 07468-3-0256 日帰りのみ
下北山温泉(下北山村) きなりの湯 07468-5-2001 日帰可・宿泊可
金剛乃湯(五條市) リバーサイドホテル 0747-25-1555 日帰可・宿泊可
西吉野温泉(五條市) 五條市西吉野きすみ館 0747-33-0194 日帰りのみ
大塔温泉(五條市) ロッジ星のくに内、星乃湯 0747-35-0321 日帰可・宿泊可
大塔温泉(五條市) 夢乃湯 0747-36-0058 日帰りのみ
野迫川温泉(野迫川村) ホテルのせ川 0747-38-0011 日帰可・宿泊可
湯泉地温泉(十津川村) 滝の湯 0746-62-0400 日帰りのみ
湯泉地温泉(十津川村) 泉湯 0746-62-0090 日帰りのみ
湯泉地温泉(十津川村) 一乃湯ホテル 0746-62-0101 日帰可・宿泊可
十津川温泉(十津川村) 庵の湯 0746-64-1100 日帰りのみ
十津川温泉(十津川村) 十津川温泉ホテル昴 0746-64-1111 日帰可・宿泊可

山の辺・飛鳥・橿原・宇陀エリア

大和温泉(天理市) 奈良健康ランド 0743-64-1126 日帰可・宿泊可
かしはらの湯(橿原市) 橿原ロイヤルホテル 0744-28-6636 宿泊のみ
長谷寺温泉(桜井市) 湯元井谷屋 0744-47-7012 日帰可・宿泊可
あきののゆ(宇陀市) 大宇陀温泉 0745-83-4126 日帰りのみ
美榛温泉(宇陀市) 保養センター 美榛苑 0745-82-1126 日帰可・宿泊可
曽爾高原温泉(曽爾村) お亀の湯 0745-98-2615 日帰りのみ
みつえ温泉(御杖村) 姫石の湯 0745-95-2641 日帰りのみ

生駒・信貴・斑鳩・葛城エリア

大和平群温泉(平群町) かんぽの宿 大和平群 0745-45-0351 日帰可・宿泊可
信貴山温泉(三郷町) 信貴山観光ホテル 0745-72-4801 日帰可・宿泊可
天然温泉 虹の湯(上牧町) 虹の湯 西大和店 0745-71-1126 日帰りのみ
天然温泉かもきみの湯(御所市) かもきみの湯 0745-66-2641 日帰りのみ

奈良エリア

平城宮温泉(奈良市) かんぽの宿 奈良 0742-33-2351 日帰可・宿泊可
天平の湯(奈良市) 奈良ロイヤルホテル 0742-34-4310 日帰可・宿泊可
宝来温泉(奈良市) 奈良パークホテル 0742-44-5255 日帰可・宿泊可
朱雀の湯(奈良市) 天然湧出温泉 ゆららの湯 奈良店 0742-30-1126 日帰りのみ
ならやまの湯(奈良市) 天然湧出温泉 ゆららの湯 押熊店 0742-40-1126 日帰りのみ
針温泉(奈良市) 天然温泉はり温泉らんど 0743-82-2619 日帰りのみ
月ヶ瀬温泉(奈良市) 梅の郷月ヶ瀬温泉 0743-92-0388 日帰りのみ

※写真はすべてイメージです。諸般の事情で様子が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※各ページの記載記事、写真の無断転載を禁じます。
※Googleマップはあくまで参考情報です。正確なルート表示を保証するものではありません。
※休業日や営業時間等は、施設の都合等により変更になることがありますので、ご注意ください。