神社・仏閣

吉野路エリア | 川上村
URL facebook Twitter google+

神社
丹生川上神社上社 にうかわかみじんじゃかみしゃ

龍神総本宮 水と雨を掌る、天空の社

天武天皇白鳳四年(675)ご神宣により建立奉祀されたと伝えられます。御祭神の高龗大神(たかおかみのおおかみ)は龍神にて水、雨を掌られる大神様です。祈雨・止雨の神として奈良時代には淳仁天皇天平宝字七年(763)の奉幣祈晴をはじめ、室町時代に至るまで数10回の奉幣祈願がなされ、朝廷・国家また人々より篤い崇敬を受けてまいりました。
 

見どころ

日本遺産「森に育まれ、森を育んだ人々の暮らしと こころ ~美林連なる造林発祥の地“吉野”~」の構成文化財の1つとして認定されました。(平成28年)
 

  • 「天空の社」

    「天空の社」

    目に入るのは山々の緑と青々としたダム湖、清々しい風を肌に感じ、源流の手水で身を清め、感謝と願いを込めてお参りください。

  • 神雨霑灑

    神雨霑灑

    拝殿掲額「神雨霑灑(シンウテンサイ)」
    神の雨がうるほしそそぎ、恩恵をほどこすの意。