神社・仏閣

山の辺・飛鳥・橿原・宇陀エリア | 高取町
URL facebook Twitter google+


光雲禅寺 こううんぜんじ

南北朝時代初期(1346)越智邦澄が自家の菩提寺として建立、興雲寺と称したのが始めである。その後1世紀をへて、室町初期(1446)復興開基、以後越智氏の菩提寺として栄えたが、越智氏の没落後、わずかに余命をたもち天和年に再興、光雲寺となる。山門前に古木「厄除けの杉」樹齢千年に近い神木である。(本堂は県重要文化財)

見どころ

  • 厄除けの杉

    山門前に樹齢千年に近い神木「厄除けの杉」があります。