観光

吉野路エリア | 十津川村
URL facebook Twitter google+

史跡・旧跡・碑
佐久間信盛の墓 さくまのぶもりのはか

村の有形文化財で、楠正勝の墓所の後方にあります。佐久間信盛は、織田信長に30年余を仕え、宿老と呼ばれました。「信長公記」によれば、信長は無益な策の罪により、信盛を天正8年(1580)高野山に追放。その後高野山金剛峯寺小坂坊に身を潜めた信盛に、信長から「高野山に住むこと叶うべからず」という厳命が下り、吉野の奥、十津川山中武蔵の里に落ちたといいます。天正十年(1582)湯泉地温泉で湯治中に没し、武蔵に葬られました。

この施設に関するお問い合わせは
0746-62-0003
(十津川村役場教育課)まで