観光

奈良エリア | 奈良市
URL facebook Twitter google+

古墳
三陵墓古墳群 さんりょうぼこふんぐん

三陵墓西古墳、三陵墓東古墳の2墓が中心となる都介野岳から北にのびる尾根上に営まれた古墳群。三陵墓西古墳は直径40m、高さ5mの円墳で二つの主体部が確認されている。三陵墓東古墳は墳丘長110m、後円部径72m、前方部幅50mの前方後円墳で、大和高原・宇陀郡においては最大級の古墳。 出土品から西古墳は5世紀前半、東古墳は5世紀後半の築造とされ、国造クラスの有力者が被葬されたのではないかと考えられている。

見どころ

  • 県指定文化財

    古墳公園として整備されている