イベント

奈良エリア | 奈良市 | [博物館・資料館 ]奈良国立博物館
URL facebook Twitter google+

毘沙門天 北方守護のカミ (奈良国立博物館) びしゃもんてん ほっぽうしゅごのかみ

この行事・イベントは終了しました
このページは過去に開催された行事情報を表示しています。
【奈良国立博物館 】のページから今後の行事をお探しください。
毘沙門天 北方守護のカミ

臨時休館のお知らせ
3月17日(火)以降も当面は臨時休館を延長いたします。
 なお、その後の予定につきましては、あらためてお知らせいたします。
 当館の展示を楽しみにしてくださっている皆様には申し訳ありませんが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。
 なお、特別展「毘沙門天」会期終了(3月22日(日))前に再開する可能性もございます。前売券・当日券をお持ちで、会期終了までにご来場が叶わないお客様につきましては、払い戻し期間を設けますので、ご希望のお客様は、半券がついたままの状態でチケットを大切に保管してください。



 四天王(持国天・増長天・広目天・多聞天)は、須弥山(しゅみせん)世界の四方にいて、仏教世界や仏法を守るカミです。このうち北方を守護する多聞天は、「毘沙門天」の名で単独の像としても造像、信仰され、四天王のなかでも特別の存在でした。
 近年、毘沙門天像の優品が相ついで発見されています。奈良時代、8世紀制作と考えられる木心乾漆造(もくしんかんしつづくり)の像(愛媛・如法寺)や、絵の中から抜け出てきたかのような激しい運動感を示す作例(京都・弘源寺)、保安5年(1124)の年紀銘が確認された平安彫刻の貴重な基準作例(個人蔵、米国・ロサンゼルス・カウンティ美術館保管)、また仏師運慶の流れをくむ作者の手になると見られる彩色の美しい鎌倉時代の作品(当館蔵)、あるいは密教修法における調伏法(ちょうぶくほう)に用いられた珍しい双身(そうしん)(二体合体)の像(奈良・東大寺蔵)など、いずれも斯界(しかい)の研究進展に資する重要作例です。
 本展は、従来知られている毘沙門天彫像のなかから、とくに優れた作品を厳選し、それらを一堂に会することで、毘沙門天彫像の魅力を存分に味わうことのできる展覧会となります。
(奈良国立博物館公式サイトより抜粋)

開催情報

開催名 毘沙門天 北方守護のカミ
https://www.narahaku.go.jp/exhibition/2020toku/bishamon/bishamon_index.html
開催期間 2020年2月4日(火) ~ 2020年3月22日(日)

この行事・イベントは終了しました。 このページは過去に開催された行事情報を表示しています。
【奈良国立博物館 】のページから今後の行事をお探しください。

開催場所 奈良国立博物館 東新館・西新館
お問合わせ先 050-5542-8600 (ハローダイヤル)
<観覧料金>
個人:一般1,500円/高校・大学生1,000円/小・中学生500円
団体:一般1,300円/大学生800円/小・中学生300円

※ 団体は20名以上です。
※ 前売券の販売は、令和元年12月4日(水)から令和2年2月3日(月)までです。
※ 障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料です。
※ この料金で、同時開催の特別陳列「お水取り」および名品展(なら仏像館・青銅器館)もご覧になれます。
※ 奈良国立博物館キャンパスメンバーズ会員の学生の方は、当日券を400円でお求めいただけます。観覧券売場にてキャンパスメンバーズ会員の学生であることを申し出、学生証をご提示ください。
※ 前売券の販売は、令和元年12月4日(水)から令和2年2月3日(月)までです。

<休館日>
毎週月曜日、2月25日(火)
※ただし、2月24日(月・振休)は開館
臨時休館 2月27日~3月15日

<開館時間>
午前9時30分~午後5時
※毎週金・土曜日は午後7時まで
※入館は閉館の30分前まで
(同時期に開催の特別陳列「お水取り」および名品展は休館日と開館時間が異なります。

近くの宿泊施設