観光

山の辺・飛鳥・橿原・宇陀エリア | 天理市
URL facebook Twitter google+

博物館・資料館
天理大学附属天理参考館 てんりだいがくふぞくてんりさんこうかん

当館は世界各地の生活文化資料・考古美術資料を収集・研究・展示する博物館です。各地の資料を通して、それぞれの地域に住む人々の生活や歴史を知り、お互いのこころを理解することを目的としています。当館は、1930年(昭和5年)、天理外国語学校(天理大学の前身)の中に設けられた海外事情参考品室を活動のはじめとします。創設者の中山正善・天理教二代真柱は、天理教を海外に広める人材を育てるためには言葉の習得だけではなく、現地の風俗・習慣もあわせて学ぶことが必要だと考えました。そして現在では、約30万点にも及ぶ収蔵資料の中から約3000点を「世界の生活文化」・「世界の考古美術」の2部門にわけて一般公開しています。また、企画展や公開講演会「トーク・サンコーカン」など、さまざまな活動を行っています。