イベント

山の辺・飛鳥・橿原・宇陀エリア | 橿原市 | [博物館・資料館]奈良県立橿原考古学研究所附属博物館
URL facebook Twitter google+

特別陳列「万葉集の考古学」 (奈良県立橿原考古学研究所附属博物館) とくべつちんれつ「まんようしゅうのこうこがく」

特別陳列「万葉集の考古学」

『万葉集』は日本最古の歌集で、日本人の魂の故郷ともいわれます。万葉歌には当時のさまざまな場面が詠み込まれ、古代を研究する上で重要な史料ともなります。この展覧会では、『万葉集』で歌を詠んでいる飛鳥・奈良時代の人物や遺跡・遺物に焦点をあて、考古学的に掘り下げます。

同時開催 特別陳列「博物館の歩み」

開催情報

開催名 特別陳列「万葉集の考古学」
開催期間 2018年2月3日(土) ~ 2018年3月21日(水・祝)

この行事・イベントは終了しました。 このページは過去に開催された行事情報を表示しています。
【奈良県立橿原考古学研究所附属博物館】のページから今後の行事をお探しください。

開催場所 奈良県立橿原考古学研究所附属博物館
お問合わせ先 0744-24-1185 (奈良県立橿原考古学研究所附属博物館)
料金 一般 400円、高校・大学生 350円、小・中学生 200円

見どころ

  • 講演会

    「博物館と友史会の歩み」
    坂 靖(当博物館 学芸課長)

    「歴史考古学から見た万葉集」
    鶴見泰寿(当博物館指導学芸員)

    [開催日]3月18日(日)
    [時間]13時~16時(12時開場)
    [場所] 奈良県立橿原考古学研究所 講堂
    聴講無料・申込不要 

  • 列品解説会

    [開催日]3月17 日(土)
    [時間]11時と15時の2回(各回約30分)
    [場所] 奈良県立橿原考古学研究所 特別展示室
    申込不要 ※入館料が必要

近くの宿泊施設