神社・仏閣

山の辺・飛鳥・橿原・宇陀エリア | 橿原市
URL facebook Twitter google+

神社
橿原神宮 かしはらじんぐう

  • 南神門をくぐると、大和三山のひとつである畝傍山を背に外拝殿が建つ。

  • 外拝殿よりさらに奥に位置する内拝殿は、橿原神宮の祭典が執り行われる非常に神聖な空間。

畝傍山の東南麓に位置する。明治23(1890)年、神武帝が造営し即位した場所とする「日本書紀」の記述を基に創建された。
第一代神武天皇と皇后を祀る。京都御所の内侍所を移築した本殿(重要文化財)には、手前に内拝殿、外拝殿が立つ。
また、文華殿(重要文化財)は織田家の藩邸を移築したもの。広大さを誇る神域は53万m2に及び、敷地内には森林遊苑や深田池などもある。
玉砂利を敷き詰めた外拝殿前広場も素晴らしい。

見どころ

  • うまし夏めぐり特別企画

    うまし夏めぐり特別企画


    日本の原点がここにあり!月次祭つきなみさいに特別参列
    畝傍山を背景に佇む内拝殿での月次祭特別参列 わが国の第一代天皇・神武天皇をお祀りしている橿原神宮の月次祭に特別席で参列し、通常では入ることのできない御本殿(京都御所内侍所・重文)間近で特別昇殿参拝ができます。年に一度、天皇陛下の御名代である勅使が祭典に備えて身を清めるための建物で通常非公開の勅使館や宝物館もご案内いただきます。

    うまし夏めぐりへ移動する