神社・仏閣

旬のおすすめ神社・仏閣
當麻寺
生駒・信貴・斑鳩・葛城エリア

當麻寺 たいまでら


612年に聖徳太子の弟・麻呂子親王により創建され、のち681年に孫の當麻国見がこの地に遷造したと伝えられる當麻寺は、豪族當麻氏の氏寺として栄えました。
本堂(国宝)は曼荼羅堂とも呼ばれ、中将姫が西方浄土を蓮糸で織り描いたとされる當麻曼荼羅(国宝)を本尊とします。
中将姫は右大臣藤原豊成の娘。継母に妬まれて山に捨てられるなど様々な艱難辛苦を乗り越えながら、『称讃浄土経』千巻の写経を成し遂げ、17歳の時に出家。「當麻曼荼羅」を感得した後、29歳の時、阿弥陀如来の来迎の中で極楽往生を遂げたといわれます。

奈良国立博物館では7月16日(土)から8月28日(日)まで、「特別展 中将姫と當麻曼荼羅―祈りが紡ぐ物語―」が開催されます。
それにあわせて當麻寺でも「裏板曼荼羅御開帳」、「国宝「東塔・西塔」初層特別開扉」、「中将姫特別展」(當麻寺中之坊)が行われます。

施設詳細を見る

人気のキーワードと神社・仏閣
うまし夏めぐり
奈良で楽しむ!体験プログラム・ツアー

神社・仏閣 総件数:234件