グルメ・買う

吉野路エリア | 吉野町
URL facebook Twitter google+

柿の葉寿司
柿の葉ずし総本家 平宗 吉野本店 かきのはずしそうほんけ ひらそう よしのほんてん

吉野川の畔に佇む「平宗」は江戸時代末期、文久元年(1861年)に奈良県南部の吉野町大和上市にて創業。
現在は奈良県を中心に販売。
おかげさまで2021年に、160周年を迎える事が出来ました。

柿の葉ずしは、奈良県南部、吉野地方の代表的な郷土料理で、そもそも夏祭りの「ごちそう」として各家庭で食されてきました。
時代を経て受け継がれている日本の食文化です。

奈良の食文化を受け継ぐものとして、奈良を十二分に感じていただけるようなそんな食を提供していきたいと思い
社員が一つひとつ真心を込めて柿の葉に包み一昼夜押す事で、すし飯と鯖・鮭がみごとに調和した絶妙な味に仕上がっております。