生駒・信貴・斑鳩・葛城エリア| 斑鳩町


法隆寺 ほうりゅうじ
世界遺産 国宝

  • 提供:法隆寺

  • 提供:法隆寺

推古15年(607)、聖徳太子と推古天皇により創建されたと伝わる。「日本書紀」には、天智9年(670)に伽藍を焼失したとの記述があり、8世紀初頭に現伽藍が完成したと考えられる。兵火や天災にはあわず、太子信仰に守られたこともあって、現存する世界最古の木造建築群として往時の姿を今に伝えている。参道は松並木になっており、参道を抜けたところに南大門(国宝)がある。境内は西院と東院に大きく分かれ、国宝・重要文化財の建築物だけでも55棟に及ぶ。全体は大垣(重要文化財)と呼ばれる築地塀に囲まれている。この寺は法隆寺式伽藍配置と呼ばれる配置になっており、寺の中心である西院伽藍には、五重塔(国宝)と金堂(国宝)が並び、中門(国宝)と大講堂(国宝)をつないで回廊(国宝)が囲む。東に向かって東大門(国宝)を抜けたところに夢殿(国宝)のある東院伽藍が広がる。また、建造物以外にも優れた仏教美術品を多数所蔵しており、その数は国宝だけで38件・150点、重要文化財を含めると3104点にもなる。法隆寺地域の仏教建造物として、平成5年(1993)に、世界文化遺産に登録された。

見どころ

  • 護摩供養

    毎月28日
    不動明王を本尊として、願い事を書いた護摩木を焚き、密教作法によって祈念する法要

  • 求道会

    月例
    法話や講義を聴聞する。
    原則4~11月の第3日曜日

地図・アクセス

生駒・信貴・斑鳩・葛城エリア〒636-0115 生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1

0745-75-2555 / 0745-75-0102

最寄り駅からの交通
  JR 法隆寺駅
    法隆寺行バス「法隆寺門前」下車すぐ

  近鉄 筒井駅
    王寺行バス「法隆寺前」下車 徒歩5分

町営(普通車 500円、大型バス 2,800円)