吉野路エリア| 吉野町

神社
吉野水分神社 よしのみくまりじんじゃ
世界遺産 国宝

水の配分を司る天之水分大神を主神とし7柱を祀っている。「みくまり」が訛って「みこもり」となり、子授けの神としての信仰を集めている。社殿は慶長9年(1604)、この社の霊験によって誕生したとされる豊臣秀頼によって再建されたもの。建物は桃山時代の美しい特色を今に伝えており、三殿一棟造りの本殿(重要文化財)、拝殿(重要文化財)、幣殿(重要文化財)、楼門(重要文化財)、回廊(重要文化財)からなる。社宝として、非公開ではあるが鎌倉時代作の木造玉依姫命坐像(国宝)がある。春にシダレザクラ、初夏にスズランが美しい。

見どころ

  • 雪の吉野水分神社

    雪の吉野水分神社

  • 雪の吉野水分神社鳥居

    雪の吉野水分神社鳥居

  • 吉野水分神社のシダレ桜

    吉野水分神社のシダレ桜

地図・アクセス

吉野路エリア〒639-3115 吉野郡吉野町吉野山1612

0746-32-3012

0746-32-3012 (吉野水分神社)
不在の場合は、17時30分以降に広岡宮司宅0746-32-2717までご連絡ください

最寄り駅からの交通
  近鉄 吉野駅 ロープウェイ吉野山駅下車 徒歩1時間

無し