神社・仏閣

山の辺・飛鳥・橿原・宇陀エリア | 宇陀市
URL facebook Twitter google+


佛隆寺(仏隆寺) ぶつりゅうじ

嘉祥3年(850)、空海の高弟、堅恵が創建したといわれる古刹。室生寺の南門に位置する。堅恵の墓とされる五輪塔が立つ石室(国重要文化財)は平安前期の宝形造で本堂背後に位置する。また、元徳2年(1330)の銘をもつ十三重石塔などもある。山桜や白い彼岸花が美しく咲き乱れる。門前の山桜は樹齢900年の古木である。

見どころ

  • 桜の大木

    天然記念木・エドヒガン
    樹令900年
    見ごろ:4月中旬

  • 大和三名段

    197段

「佛隆寺(仏隆寺)」の詳しい行き方はこちら

この施設に関するお問い合わせは
(宇陀市商工観光課)まで