神社・仏閣

山の辺・飛鳥・橿原・宇陀エリア | 橿原市
URL facebook Twitter google+


久米寺 くめでら

7世紀後半、推古天皇の勅願により、聖徳太子の弟にあたる来目皇子が眼病全快を感謝して建立したと伝わる。一方で、飛行中に娘に見とれて墜落した久米仙人によって創建されたという伝説もある。 本尊薬師如来は眼病に効くとされる。京都仁和寺から移築された多宝塔(重要文化財)は、桃山様式を残している。かつては大寺院だったということが、残された礎石や瓦からも伺い知ることができる。アジサイ園は6月に見ごろをむかえる。 大和七福神(信貴山朝護孫子寺、久米寺、長谷寺おふさ観音談山神社當麻寺中之坊安倍文殊院)に大神神社が加わり、大和七福八宝の会を発足。

見どころ

  •  

    大和七福神巡り 長寿廷命の徳=壽老神

  •  

    西国薬師霊場の第7番札所