観光

奈良エリア | 奈良市
URL facebook Twitter google+

史跡・旧跡・碑
平城宮跡 へいじょうきゅうせき
世界遺産

  • 平城宮跡 第一次大極殿

  • 朱雀門ひろば 「天平みつき館」と復原遣唐使船

  • 「天平みはらし館」からの眺め

  • 「平城宮いざない館」内部

平城宮跡」は、和銅3年(710)に藤原京より遷都された平城京の中心であった宮跡。1998年2月に「古都奈良の文化財」として、世界遺産に登録されました。

2018年3月24日(土)に5つの複合施設のある朱雀門ひろばがオープンし、平城宮跡歴史公園となりました。平城宮の昔から今までを総合的に案内してくれる「平城宮いざない館」や観光拠点施設「天平みはらし館」、レストランやカフェ併設の「天平うまし館」、観光情報を集約した「天平みつき館」などの施設が充実しています。

その他、「平城宮跡資料館」、「遺構展示館」、「復原事業情報館」では、多数の出土品の展示、復元模型、遺構などが公開されています。「第一次大極殿」や「東院庭園」、「朝堂院」や平城京遷都1,300年の記念事業の一環として復原された「朱雀門」など、数多くの復元施設が全域にわたって点在します。今も日々新たな発見が絶えない、何度も訪れたい施設です。
 

見どころ

  • 平城宮跡資料館、第一次大極殿、復原事業情報館

    平城宮跡資料館、第一次大極殿、復原事業情報館

    奈良文化財研究所 平城宮跡資料館」では、平城宮跡の歴史や平城宮跡内にあった役人の様子、天皇や貴族が暮らしていた宮殿の様子を知ることができます。
    次に平城宮跡のシンボル「第一次大極殿」や「復原事業情報館」に立ち寄って、平城宮跡の規模を体感してみましょう。

  • 朱雀門ひろば

    朱雀門ひろば

    朱雀門ひろば」は、平成30年3月24日、朱雀門前に誕生した5つの複合型施設をもつ広場。
    平城宮跡のすべてがわかる、飲食・物販も備えた奈良県の観光基地です。

  • 東院庭園、遺構展示館

    東院庭園、遺構展示館

    「東院庭園」や「遺構展示館」では、現場でじかにかつての平城宮跡で暮らす人々の姿をしのぶことができます。