観光

山の辺・飛鳥・橿原・宇陀エリア | 橿原市
URL facebook Twitter google+

史跡・旧跡・碑
藤原宮跡 ふじわらきゅうせき

中国の都城にならい、日本で初めて建設された本格的都城。持統8(694)年遷都。平城京遷都までの16年間、この地で持統、文武、元明の天皇三代が律令国家体制を強力に押し進めた。藤原京の規模は東西5.3km、南北4.8kmで、その中心部には藤原宮があった。天皇の住まいである内裏や、天皇が儀式や政治を行った大極殿跡が残る。最近の調査研究によると、平城京や平安京を上回る規模だったとも考えられている。現在、宮跡には原野が広がり、大極殿跡には基壇が残る。宮跡からは東に天香具山、西に畝傍山、北に耳成山を望める。

「藤原宮跡」の詳しい行き方はこちら

この施設に関するお問い合わせは
0744-21-1114
(橿原市世界遺産推進課)まで