観光

山の辺・飛鳥・橿原・宇陀エリア | 宇陀市
URL facebook Twitter google+

旧屋敷・町家
宇陀松山【重要伝統的建造物群保存地区】 うだまつやま

安土桃山時代に、豊臣秀長の家臣によって、宇陀松山城の城下町として整備・拡充された。その際、建物の間口の広さによって課される税を免除して、有力な商人を誘致したため、「間口も奥行きも広い」というこの地区ならではの町家が生まれたとされる。江戸時代以降の様々な時代の建物が残る街並には、今も生活が息づいている。

見どころ

  • 森野旧薬園

    森野旧薬園

    江戸時代中期(享保年間)に開設された、江戸の小石川薬草園とならぶ日本最古の薬草園。(史跡)

  • 松山西口関門

    松山西口関門

    宇陀松山の西門。江戸時代初期の建築とされ、建築当時のままの位置にある。(史跡)

  • 宇陀市大宇陀歴史文化館

    宇陀市大宇陀歴史文化館

    唐破風付きの「天寿丸」の看板が目を引く、松山地区のシンボルともされる建物。