観光

山の辺・飛鳥・橿原・宇陀エリア | 桜井市
URL facebook Twitter google+

石仏・石造物・祠
海柘榴市観音堂 つばいちかんのんどう

  • 海柘榴市観音堂

見どころ

万葉集、日本書紀にも登場する海柘榴市(つばいち)は、わが国最古の市。現在の三輪山の麓にある金屋地域を指す。
山の辺の道の陸路と大和川の水路が交わる場所として、古くから市が開かれていた。また、影媛の非愛の伝説や恋の歌をかけ合う歌垣(うたがき:歌の交換場所)の舞台としても知られる。のちに、長谷寺詣での宿場として栄え、「源氏物語」「枕草子」にも登場する。現在、市はないが観音堂にその名を残している。
 

この施設に関するお問い合わせは
0744‐48‐3110
(桜井市役所 観光まちづくり課)まで