観光

山の辺・飛鳥・橿原・宇陀エリア | 桜井市
URL facebook Twitter google+

石仏・石造物・祠
金屋の石仏 かなやのせきぶつ

山の辺の道沿い、金屋の家並みの中にある保存収蔵庫に安置されており、格子越しに拝観できる。
高さ2.2m、幅79cm、厚さ21cmの2枚の泥板岩に釈迦如来(右)と弥勒如来(左)が浮き彫りにされている。
これらの像が彫られた時期については平安後期、鎌倉時代、天平末期と様々な説がある。
もとは平等寺にあったものを、明治維新の頃に廃仏毀釈のため村人が現在の場所に移した。国の重要文化財。