観光

山の辺・飛鳥・橿原・宇陀エリア | 高取町
URL facebook Twitter google+

石仏・石造物・祠
猿石(高取町) さるいし(たかとりちょう)

高取城跡二ノ門外、城下町に下る大手筋と岡口門への分岐点にあり、制作は飛鳥時代の斉明朝(7世紀)と推定される。実はこの猿石、高取城築城の際、石垣に転用するのに飛鳥から運ばれたという。明日香桧隈の吉備姫王墓の域内にある石像物と同類のもので、猿に似た大きな面相、両手を前にし、下腹部に陽物を見られる。郭内と城内の境目を示す「結界石」としたとの説。守護神を兼ねる猿には馬の守神という俗諺あり。

この施設に関するお問い合わせは
0744-52-3334
(高取町役場)まで