イベント

奈良エリア | 奈良市 | [美術館]公益財団法人中野美術館
URL facebook Twitter google+

令和元年秋季展「人のかたち―岸田劉生、恩地孝四郎から舟越桂まで―」 (公益財団法人中野美術館)  

令和元年秋季展「人のかたち―岸田劉生、恩地孝四郎から舟越桂まで―」

「人のかたち」
人物画には、自己をモデルとした自画像、作家の周辺である家族(婦人や子供)や知人を描いたもの、さらには作家の理想や感受性によって構築された人間像など様々な表現のかたちが見られます。
この展覧会は、明治期の久米桂一郎《夏の少女》(1894年)、青木繁《婦人像》(1903年)、大正期の岸田劉生《青年の首》(1918年)、中村彝《自画像》(1923年頃)、昭和期の国吉康雄《スザンナ》(1944年)、駒井哲郎「R夫人の肖像」(1951年)、更に新収蔵の恩地孝四郎「Spring time」(1942年)、舟越保武《女の顔》(1988年頃)、舟越桂《影のある光》(1993年)の3点を加え、油彩、水彩、素描、版画を併せて約30点を展示いたします。
明治、大正から昭和、平成へと時代と共に移り変わる「人のかたち」がどのように描かれて来たかを中野美術館のコレクションで辿ります。

開催情報

開催名 令和元年秋季展「人のかたち―岸田劉生、恩地孝四郎から舟越桂まで―」
http://www.nakano-museum.jp/
開催期間 2019年9月6日(金) ~ 2019年11月17日(日)
開催場所 中野美術館
お問合わせ先 0742-48-1167 (中野美術館)
料金 一般600円
<休館日>
月曜(ただし、祝日の場合は開館し、翌日休館します)
10月7日~11日

近くの宿泊施設