イベント

山の辺・飛鳥・橿原・宇陀エリア | 天理市 | [博物館・資料館]天理大学附属天理参考館
URL facebook Twitter google+

第79回企画展「墳墓の護り手―鎮め護り彩る品々―」 (天理大学附属天理参考館)  ふんぼのまもりて しずめまもりいろどるしなじな

この行事・イベントは終了しました
第79回企画展「墳墓の護り手―鎮め護り彩る品々―」

玉覆面(ぎょくふくめん) 西周(せいしゅう)時代

古代中国で死者を邪悪な存在から護るために墳墓(ふんぼ)に納められた品々を展示します。古代中国の人々は、死後の世界とそこでの生活を想定し、生前世界とは異なった危険が存在すると考えていました。死後に魂や肉体を苦しめる邪鬼の類は大きな恐れの対象であったのです。展示品を通して古代の人々の死後に対する「恐れ」と「備え」を知っていただきたいと思います。

開催情報

開催名 第79回企画展「墳墓の護り手―鎮め護り彩る品々―」
開催期間 4月12日(水)~6月5日(月)
(09:30~16:30 ※入館は16:00まで)
この行事・イベントは終了しました。
開催場所 天理大学附属天理参考館 3階企画展示室
お問合わせ先 0743-63-8414 (天理大学附属天理参考館)
料金 大人400円、団体(20名以上)300円、小・中学生200円(学校教育での入館は無料・要事前申込み)※障がい者とその介護者1名は無料
関連イベント

4月22日(土) トーク・サンコーカン(公開講演会)第252回「墳墓の中の不思議な世界-墓を護る奇妙なモノたち-」
http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/04public/02museum/03east_area/0000002452/event/n0kalq6b3u/

5月20日(土) 第79回企画展記念講演会 『文化的視点から考える死生観における「障り」と「癒やし」』
http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/04public/02museum/03east_area/0000002452/event/vj4pk0oh5l/

5月12日(金) 第79回企画展関連講演会「古代中国の冥界観を探る」
http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/04public/02museum/03east_area/0000002452/event/aty8dftbw1/

【交】JR・近鉄天理駅から徒歩約20分またはタクシーで約5分
【P】60台(無料)※期間により駐車制限する場合あり

見どころ

  • 灰陶加彩鎮墓獣(かいとうかさいちんぼじゅう) 北斉(ほくせい)時代

    灰陶加彩鎮墓獣(かいとうかさいちんぼじゅう) 北斉(ほくせい)時代