神社・仏閣

生駒・信貴・斑鳩・葛城エリア | 大和郡山市
URL facebook Twitter google+


慈光院 じこういん

寛文3(1663)年、大和小泉藩主片桐貞昌が父の菩提を弔うために建立。片桐貞昌は片桐且元の甥にあたり、石州流茶道の祖。茅葺き入母屋造りの書院(重要文化財)は簡素ななかにも風格があり、大和三名園(竹林院當麻寺中之坊庭園)と賞される美しい枯山水庭園(史跡・名勝)をもつ。この庭園の白砂とサツキの大刈込み、大和平野を一望できる借景はあまりにも有名。茶室としては、書院の角隅に高林庵(重要文化財)と、閑茶室(重要文化財)がある。

見どころ

  • 抹茶

    毎日9:00~17:00 拝観の際、重文・書院の席で抹茶をいただける。約40分、拝観料1,000 円(抹茶接待を含む)

  • 石州麺(油不入麺)

    1,000円

  • うまし夏めぐり特別企画

    うまし夏めぐり特別企画


    朝の静寂の時間を書院でゆったり茶粥朝食付き
    重要文化財の書院を早朝貸切拝観。ご住職のお話を拝聴し、お菓子とお抹茶もどうぞ。小泉藩主片桐石州が建立した寺院。茶湯指南を務めた石州の教えと、「おもてなしの心」は、現在も受け継がれています。早朝の名勝庭園を眺めながら、重要文化財の書院で禅寺の心に触れていただき、その後、慈光院で育てた食材で奈良伝統料理「茶粥朝食」を、お召しあがりください。

    うまし夏めぐりへ移動する