神社・仏閣

生駒・信貴・斑鳩・葛城エリア | 大和郡山市
URL facebook Twitter google+


慈光院 じこういん

寛文3(1663)年、大和小泉藩主片桐貞昌が父の菩提を弔うために建立。片桐貞昌は片桐且元の甥にあたり、石州流茶道の祖。茅葺き入母屋造りの書院(重要文化財)は簡素ななかにも風格があり、大和三名園(竹林院當麻寺中之坊庭園)と賞される美しい枯山水庭園(史跡・名勝)をもつ。この庭園の白砂とサツキの大刈込み、大和平野を一望できる借景はあまりにも有名。茶室としては、書院の角隅に高林庵(重要文化財)と、閑茶室(重要文化財)がある。

見どころ

  • 抹茶

    毎日9:00~17:00 拝観の際、重文・書院の席で抹茶をいただける。約40分、拝観料1,000 円(抹茶接待を含む)

  • 石州麺(油不入麺)

    1,000円

  • うまし冬めぐり特別企画

    うまし冬めぐり特別企画


    はじめてでも大丈夫! 一汁三菜気軽な茶の湯
    小泉藩2代藩主、片桐石州が建立した臨済宗大徳寺派の寺院。慈光院には徳川四代将軍家綱、水戸光圀などの茶湯指南を務めた石州の教えと、さりげなくも考え抜かれた「もてなしの心」が、現在も脈々と受け継がれています。今回のプランでは特別に旬の野菜で心身を養う禅寺の精進料理をいただく、一汁三菜の気軽な茶事を企画いたしました。季節のしつらえやお道具にふれることで身近な暮らしの中で私達の感性に息づいているものを再発見。
    「茶の湯にちょっとふれてみたい」という方に。自分の五感で感じるひとときをお過ごしください。
     
     プランの詳細・予約はこちら