神社・仏閣

山の辺・飛鳥・橿原・宇陀エリア | 明日香村
URL facebook Twitter google+


岡寺 おかでら

天智天皇2年(633)、義淵僧正草壁皇子の岡宮をもらい受け創建。当初、伽藍は別の場所にあった。岡宮をもらい受けたことから岡寺と呼ばれているが、正式には龍蓋寺という。現在は山の中腹に江戸時代の書院(重要文化財)や仁王門(重要文化財)、本堂が佇む。本尊は天平時代作で女性の厄除け観音として信仰を集めている如意輪観音坐像(重要文化財)。像高4.6mでわが国最大の塑像。西国三十三カ所観音霊場第7番札所でもある。四季折々の花が美しい。

見どころ

  •  

    西国三十三カ所観音霊場第7番札所

  • うまし夏めぐり特別企画

    うまし夏めぐり特別企画


    通常非公開の書院でSNS! 映える『あんみつ』発信!
    わが国最大の塑像 如意輪観音坐像を拝顔、書院でゆっくり「おやつ」。通常非公開の重要文化財「書院」及び屏風「両部大経感得図」を特別拝観。岡寺の水盤をイメージしたカワイイ「あんみつ」を書院で召し上がっていただきます。「あんみつ」は寧楽菓子司 中西与三郎が岡寺をテーマに創った特製甘味。インスタ僧侶の副住職にひとくちアドバイスをいただきながら映えるSNSを発信!ひと味違う奈良旅をお楽しみください。

    うまし夏めぐりへ移動する