イメージ

山の辺・飛鳥・橿原・宇陀エリア | 宇陀市

惣社水分神社

約650年前の宝物「鳳輦みこし」と草原な時代行列

宇陀地方の水の守り神として創祀されました。秋祭りには年に一度、女神が男神に会いに行くという時代絵巻のような「御渡り」の神事があります。 

見どころ


  • 鳳輦みこし

    鳳輦みこし

    約650年前に建造され、国の重要文化財に指定されています。照起り(てらむくり)の宝形造り屋根の上に鳳凰の飾りがついた荘厳なもの。10月の第3日曜日、秋祭りの「御渡り」の神事にて見ることができます。

  • うたの秋祭り 10月第3日曜日 (宇太水分神社例大祭)

    うたの秋祭り 10月第3日曜日 (宇太水分神社例大祭)

    惣社水分神社の女神様 速秋津姫命(はやあきつひめのみこと)が、宇太水分神社の男神様 速秋津彦命(はやあきつひこのみこと)に年に一度だけお会いになるお祭りです。
    6キロの道のりを神輿にて渡御(とぎょ)されるというロマンチックなもの。中間地点にある東郷まで女神様をお迎えに行き、お神輿にお供えします。

地図・アクセス

最寄り駅からの交通
   近鉄 榛原駅
   岩端行バス「宮ノ原」下車 徒歩1分

無料(普通車 10台)