神社・仏閣

奈良エリア | 奈良市
URL facebook Twitter google+

神社
春日大社神苑 萬葉植物園 かすがたいしゃしんえん まんようしょくぶつえん

  • 正門 (提供:春日大社神苑 萬葉植物園)

  • 藤の園 (提供:春日大社神苑 萬葉植物園)【開花時期4月末~5月上旬】

  • 秋の萬葉園の池 (提供:春日大社神苑 萬葉植物園)

昭和7年、萬葉集にゆかりの深い春日野の地に我国で最も古い約300種の萬葉集に詠まれた植物を植栽する萬葉植物園として開園され、現在では約3ヘクタール(9,000坪)もの広さまで拡張されています。園内の【萬葉園】では、萬葉歌及び萬葉植物の解説と共にその植物の標本が植栽されており、貴重な萬葉植物と出会って学んで頂けます。又、萬葉園には20アール(600坪)の池があり、その中央の中ノ島には趣を醸し出す奈良市指定文化財のイチイガシの老巨樹がその幹を地に長く臥せて繁ります。更に島の正面には絢爛豪華な王朝の風情を再現する浮舞台が設置されており、春秋の祝日【5月5日・11月3日】には奈良時代より絶えることなく春日大社に伝承されてきた雅楽【管絃及び舞楽】の数々が奉納されます。又、園内南端にはご本社の銘木【砂ずりの藤】の株分けをはじめ、春日大社の社紋・シンボルでもある日本古来の花、【藤】を植栽する【藤の園】があります。20品種・約200本もの藤の花(4月中旬~5月上旬)が、目の高さで日を浴びて咲き誇る立ち木造りと、棚造りにて公開されています。又【椿園】・【花菖蒲園】もあり、四季折々の萬葉植物を学んで頂けます。