神社・仏閣

奈良エリア | 奈良市
URL facebook Twitter google+


東大寺 法華堂(三月堂) とうだいじ ほっけどう(さんがつどう)

  • 提供:矢野 建彦

奈良時代に建てられた東大寺最古の建物で、東大寺の前身寺院である金鍾寺の遺構と伝わる。別名、三月堂。正面にあたる礼堂(上図右側)は鎌倉時代に重源上人により増築されたもので、時代の異なる2つの堂宇が一様に見えるよう美しい調和がたもたれている。かつて毎年3月に法華会が行われたことから三月堂とも呼ばれる。堂内は本尊の不空羂索観音立像(国宝)、須弥壇左右に立つ梵天・帝釈天像(国宝)、内陣の四隅で本尊を護る四天王立像(国宝)など天平彫刻の宝庫。中でも、執金剛神立像は12月16日しか開扉されず、秘仏中の秘仏として名高い。

見どころ

  • 安置仏

    本尊 不空羂索観音(国宝)
    梵天・帝釈天像(国宝)
    執金剛神像(国宝)
    四天王像(国宝)
    金剛力士像(阿形・吽形/国宝)