神社・仏閣

奈良エリア | 奈良市
URL facebook Twitter google+


東大寺 とうだいじ
世界遺産

  • 提供:矢野 建彦

仏教中心の国づくりを進めた聖武天皇の勅願により建立。国力を注いだ事業である大仏様の本体の鋳造は3年をかけ、天平勝宝4(752)年、開眼供養会が盛大に営まれた。治承4(1180)年、平重衡の南都焼討ちによって大半の堂塔が焼失したが、重源の勧進で復興。しかし永禄10(1567)年に松永久秀の兵火にかかり、大仏殿等は再度被災した。現在の寺観は、江戸中期までに整えられたもの。境内には「奈良の大仏」として名高い盧舎那仏坐像が安置されている大仏殿、創建当時の遺構を残す転害門、法華堂をはじめ、鎌倉時代復興の代表作である南大門、鐘楼、江戸時代再建の二月堂といった数多くの国宝建造物がたち並ぶ。1998年12月に「古都奈良の文化財」として、世界遺産に登録された。

見どころ

  • 世界遺産 古都奈良の文化財

    東大寺・興福寺・春日大社・春日山原始林
    ・元興寺・平城宮跡・薬師寺・唐招提寺の
    8遺産群が指定。(1998年登録)

  • 大仏殿入堂時間の延長

    8月13・14日
    通常の入堂時間(7:30~17:30)の閉門後、
    改めて19:00から21:00まで開門(入堂無料)
    大仏殿正面の観相窓を開き、外からも大仏
    さまを拝んでいただける。夕方より建物の
    ライトアップもあり。

    8月15日(万燈供養会)
    17:30に一旦閉門し、19:00~22:00まで
    中門を開放(入堂有料)
    19:00~22:00まで、大仏殿正面の観相窓を
    開き、外からも大仏さまを拝んでいただけ
    る。夕方より建物のライトアップもあり。

  • 写経・写仏

    「写経」1,500円、「写仏」3,000円
    なるべく1週間前までに予約してください。