神社・仏閣

山の辺・飛鳥・橿原・宇陀エリア | 高取町
URL facebook Twitter google+


壷阪寺 つぼさかでら

 西国六番の札所。創建は文武天皇大宝3年(703)法相大徳弁基上人の開基で、正式名称を壷阪山南法華寺といい、長谷寺とともに古くから観音霊場として栄えた名刹です。36堂60余坊の大伽藍も、4回の火災で焼失し、現在の建物は文政10年(1827)に建立されたもの。三重の塔は礼堂と共に、国の重要文化財。
 本尊は千手観音で、「日本感霊録」のなかにこの壺阪観音の信仰によって開眼されたという説話があり、これをもとに浄瑠璃「壺坂霊験記」が創作され、一躍有名になりました。
 昭和58年に開眼された大観音立像は高さ20m、重さ1,200トンもあり天竺渡来です。また、平成19年には、総高15m(台座含)の天竺渡来大釈迦如来石像が開眼されました。

見どころ

  • 大観音立像

    インドで壷阪寺が行った社会活動に対し、インド政府より感謝の意を表して贈られた石仏で、延べ8万人の日本とインドの石工によって、4年7か月の歳月をかけて彫りあげられました。この壮大なスケールの観音様は、石像としては世界最大級の大きさを誇っています。

  • 観音ご縁日の法話・法要

    毎月18日(2・6・7月除く)11:30~14:30
    参加無料、予約必要

  • うまし夏めぐり特別企画

    うまし夏めぐり特別企画


    涅槃仏様をみんなでお身ぬぐい
    お盆を前に眼病の霊験あらたかな壷阪寺の大仏様(天竺渡来大涅槃石像)やレリーフをみんなでお身ぬぐいしませんか。全長8mの涅槃像は、境内に立つ大観音石像と同じく、インドにおける奉仕事業のご縁で始まった国際交流・石彫事業の一環として製作された仏像。涅槃像はすべての教えを説き終えて入滅せんとする釈迦の姿をあらわしているといいます。お釈迦様の最後の説法は「自灯明・法灯明(じとうみょう・ほうとうみょう)」。自らを灯明とし、自らをよりどころとし、法を灯明し、法をよりどころとすること。自分を頼りとし、正しい教えを頼りとすることを意味しているとか。シャワー完備。インドカレーランチ付き。
    画像:天竺渡来大涅槃石像

    【開催日】
    7/30(土)
     
     プランの詳細・予約はこちら