観光

奈良エリア | 奈良市
URL facebook Twitter google+

旧街道・古道
滝坂の道 たきさかのみち

春日山と高円山の間の谷川に沿って登る山道で、江戸時代に奈良奉行によって敷かれた2.5kmにわたる石畳の起点には、石の鳥居が立っています。旧柳生街道の一部にあたり、柳生の里と奈良の街をつなぐ唯一の道として、米・薪木・日用品を馬の背に積んだ人々が往来し、また、柳生の道場を目指す武芸者が歩いた道でもあります。道沿いに小さな滝がたくさんあるため、滝坂の道と呼ばれるようになりました。沿道には夕日に染まり美しい「夕日観音」、朝日に映える「朝日観音」、荒木又右衛門の試し斬り伝説の残る「首切り地蔵」、「春日山石窟仏」、「地獄谷石窟仏」、「峠の茶屋」、運慶の20歳代の傑作として知られる大日如来像(国宝)がある「円成寺」などが点在し、魅力いっぱいのハイキングコースです。

見どころ

ハイキングコース<約9.5km>

経過地区間距離
破石町バス停
寝仏2000m
夕日観音300m
朝日観音200m
首切り地蔵700m
春日山石窟仏500m
地獄谷石窟仏300m
峠の茶屋500m
八坂神社3000m
円成寺2000m

この施設に関するお問い合わせは
(奈良市観光協会)まで