神社・仏閣

奈良エリア | 奈良市
URL facebook Twitter google+


円成寺 えんじょうじ

  • 提供:奈良市観光企画課

奈良市街と柳生の里のほぼ中間に立地する柳生街道随一の名刹。境内には鎌倉時代の建築物である春日堂・白山堂(国宝)をはじめ、室町時代再建の本堂(重要文化財)、楼門(重要文化財)、平成に入ってから再建された朱色の多宝塔などが建っている。寺宝の数も多く、運慶の20歳代の傑作として知られる大日如来像(国宝)がある。平安中期の創建といわれ、国の名勝に指定されている境内の庭園は藤原時代の作庭。舟遊式と浄土式を併せ持つ当時の都好みを今に伝える貴重な遺構。

見どころ

  • 大日如来坐像

    運慶作大日如来(国宝)は『相應殿(そうおうでん)』にお祀りしており、平成に再建された多宝塔には平成に模刻された大日如来をお祀りしている。

  • うまし冬めぐり特別企画

    うまし冬めぐり特別企画


     大日如来坐像をご案内により拝観 ランチは円成寺の浄土式庭園を眺めながらお食事処里で
    運慶が二十歳代に造立し「青年期の会心作」といわれる大日如来坐像(国宝)と、大日如来坐像(模刻)をお寺の方のご案内により拝観。それぞれの大日如来様をじ っくりとご参拝いただきます。その後、楼門前に広がる美しい浄土式庭園を眺めながらお食事処「里」でランチを。
    うまし冬めぐりへ移動する