神社・仏閣

奈良エリア | 奈良市
URL facebook Twitter google+


白毫寺 びゃくごうじ

  • 提供:奈良市観光協会

天智天皇の皇子、志貴皇子(施基皇子)の山荘跡に建てられたと言い伝えられる。鎌倉時代に叡尊によって再興。叡尊の弟子道照が中国から一切経を持ち帰ってからは「一切経寺」とも呼ばれた。本尊阿弥陀如来坐像、地蔵菩薩立像、興正菩薩叡尊坐像、閻魔王坐像とその眷属司命・司録像(いずれも重要文化財)などの仏像を宝蔵に収める。高台に位置し、百段余りの石段を登ると境内から奈良市街が一望。また、東大寺開山堂の糊こぼし、伝香寺の散り椿と並び奈良三名椿の一つとして知られる五色椿や参道の石段を覆う萩は見事。

見どころ

  •  

    関西花の寺25ヶ所霊場第18番札所