神社・仏閣

生駒・信貴・斑鳩・葛城エリア | 御所市
URL facebook Twitter google+


九品寺 くほんじ

奈良時代、行基開祖。後に空海によって中興され戒那千坊と呼ばれる巨刹となった。本尊は藤原時代に造られた阿弥陀如来坐像(重要文化財)。 境内には名園と称される回遊式庭園の十徳園のほか、西国巡りができる観音像も置かれている。本堂裏側の道沿いには境内や裏山から堀出された1,800体を越える石仏が並ぶ。これらの石仏は南北朝の戦いで命を落とした兵士を弔うために造られたと伝えられる。また、5月に見頃を迎えるツツジでも有名。

「九品寺」の詳しい行き方はこちら

この施設に関するお問い合わせは
0745-44-3169
(御所市企画政策部地域活性推進室)まで