奈良エリア| 奈良市


薬師寺 やくしじ
世界遺産 国宝

天武天皇が皇后(のちの持統天皇)の病気平癒を願い造営が始められ、藤原京に完成。平城遷都に伴い、養老2(718)年、現在地に移築されたと伝わる。奈良移転当初は金堂、東西両塔、講堂、回廊が立ち並び、「竜宮造り」と呼ばれるほどの華麗さを誇ったこの寺も、16世紀に兵火に焼かれて灰となり、東塔(国宝)を残すのみとなった。創建当時の唯一の遺構である東塔は、現在に白鳳時代の様式を伝えている。現在、伽藍復興により、昭和51年の金堂に始まり、昭和56年に西塔が、以後、中門、回廊、大講堂などの白鳳伽藍が次々と再建されている。朱塗りの欄干、金色に輝く鴟尾などからは、建立当時の華やかさを窺い知ることができる。寺宝としては薬師三尊像や吉祥天女画像などがあげられる。1998年12月に「古都奈良の文化財」として、世界遺産に登録された。また2000年12月31日、平山郁夫画伯が約30年の歳月をかけて玄奘三蔵院「大唐西域壁画」を完成、注目を集めている。

見どころ

  • 世界遺産 古都奈良の文化財

    東大寺・興福寺・春日大社・春日山原始林・元興寺・平城宮跡・薬師寺・唐招提寺の8遺産群が指定。(1998年登録)

  • 法話

    毎月5日 午後1時30分
    毎月8日 午後1時
    於:お写経道場(5日まほろば会館)
    (第3日曜日は月例まほろば塾
    於:まほろば会館)

  • お写経道場

    毎日9:00~17:00(受付は8:30~16:00)。
    約1時間、椅子席あり。
    般若心経1巻2,000 円、
    薬師経1巻4,000 円、
    唯識三十頌1巻5,000円。
    国宝東塔大修理特別写経2巻1組10,000 円。
    予約不要(団体の場合要予約)

地図・アクセス

奈良エリア〒630-8563 奈良市西ノ京町457

0742-33-6001 / 0742-33-6004

最寄り駅からの交通
  近鉄 西の京駅下車すぐ
  JR 奈良駅 六条山行バス18分「薬師寺」下車すぐ

100台
・大型バス:2,200円
・マイクロバス:2,000円
・普通車:500円
・二輪車:100円