神社・仏閣

山の辺・飛鳥・橿原・宇陀エリア | 天理市
URL facebook Twitter google+

神社
石上神宮 いそのかみじんぐう

大和屈指の古社。古代豪族物部氏の総氏神で、大和朝廷の武器庫だったとの記録もある。御祭神の布都御魂大神は神剣・韴霊に宿られる霊威。神武天皇がこの神剣によって、東征の際に悩まされた邪神を平らげたと伝えられている。かつては本殿をもたず、地中深く埋められた神剣と神宝を祀っていた。明治初期になって拝殿奥の禁足地の発掘を行ったところ、神剣韴霊をはじめ数々の大刀や鏡、玉類などが出土した。国宝の拝殿は神社建築としては最古のもので白河天皇の御代に宮中から神嘉殿を移築したものと伝えられている。楼門前石段上に建つ摂社出雲建雄神社の拝殿も国宝である。

見どころ

  • 朝拝

    国宝の拝殿にて毎朝8:30~9:00
    神拝詞300 円、参拝料志納、申込不要
    ※但し、祭典により行われない場合有り。

  • 最古の宮で朝拝(神職のご説明付き)

    最古の宮で朝拝(神職のご説明付き)

    うまし夏めぐり特別企画!

    日本最古の神宮で、透き通る朝の空気の中を参拝していただきます。清々しさと共に内から感じる「力」。闇を払い暁を告げる「神鶏」の声が響く社の森厳な参道を抜け、最古の拝殿へと進みます。

    詳細はこちら
    (クリックするとうまし夏めぐりのサイトへ移動します)