神社・仏閣

奈良エリア | 奈良市
URL facebook Twitter google+


興福寺北円堂 こうふくじほくえんどう

  • 写真提供:奈良市観光協会

国宝。奈良時代に藤原不比等の一周忌供養に建てられました。現在の建物は鎌倉初期の再建ですが、興福寺に残る最も古い建築物です。八角形の美しい円堂内には、運慶一門の手による本尊の木造弥勒如来坐像(国宝)、木造無著・世親菩薩立像(国宝)、四天王立像(国宝)が安置されています。内部は非公開ですが、春と秋に特別開扉が行われています。(2017年は春のみ)