神社・仏閣

奈良エリア | 奈良市
URL facebook Twitter google+


霊山寺 りょうせんじ

天平8(736)年、聖武天皇の勅命で、行基が建立し、バラモン僧菩提僊那が地相がインド霊鷲山に似ているところから霊山寺と名付けたといわれる古寺。鎌倉中期(1283)に改築された本堂(国宝)には藤原時代作の薬師三尊像(重要文化財)など、優れた建築や彫刻を所蔵している。また、世界平和を願い、輪廻転生をテーマに昭和32年に開園した1200坪のバラ園には春と秋に約200種2,000株のバラが咲き誇る。

見どころ

  • ティーテラス

    バラの最盛期には、バラ苗を販売。バラ園内ティーテラス「プリエール」では、ローズティ、バラのアイスクリームのほか、バラの香水やポプリなどバラグッズを各種販売。

  • 薬師湯

    小野妹子の息子が薬草を栽培し、それを施湯して民衆の病を治したと伝わる薬師湯。現在も薬草を使った薬湯で日々、人々を癒している。
    休湯日:水曜(行事により変動あり)
    大人 600円
    小人 300円