イメージ

山の辺・飛鳥・橿原・宇陀エリア | 高取町

壷阪寺

夫婦愛に軌跡をおこした目の観音様

西国三十三所観音霊場の第六番札所。眼病に霊験あらたかな目の観音様として全国各地から参拝者が訪れます。

見どころ


  • 沢市の杖

    沢市の杖

    八角堂に置かれる『壺坂霊験記』の夫婦、「沢市の杖」。 触れると良縁成就、夫婦円満になるとか。

  • 壺坂霊験記(つぼさかれいげんき) 

    座頭の沢市とお里は貧しいながらも仲のよい夫婦でした。しかし、お里が毎晩床を抜け出すようになります。問いただすと、お里は沢市の目の病が治るよう、三年もの間欠かさず壷阪寺の観音様に朝詣でをしていると訴えました。沢市は疑ったことを恥じ、盲目がゆえに不遇な暮らしをしているのだと自分を責め、身を投げてしまいます。お里も沢市の後を追って自ら身を投げてしまいます。その時、ふたりの切ない夫婦愛を知った観音様の霊験により奇跡が起こり、沢市・お里は助かり、沢市の目が開眼しました。

地図・アクセス

最寄り駅からの交通
  近鉄 壷阪山駅
     壷阪寺前行きバス「壷阪寺前」下車すぐ

80台(有料)
1日あたり:普通車500円

縁むすびのご利益がある近くの神社・仏閣